2008年03月31日

JavaScriptで、コンボボックス/リストボックスに項目を追加する

new Option("ラベル", "値")で<option>タグのオブジェクトが作成できるので、<select>に対応するオブジェクトに対して、listbox.appendChild(new Option("label", "value"))などとすれば追加できます。
http://oshiete1.goo.ne.jp/qa231484.html

ちなみに第一引数のラベルは項目のラベル、<option></option>の中身で、第二引数はvalueの値になります。

ただし、上記の方法はIE6では使えませんでした。項目は追加されて動作もするのですが、ラベルが表示されません(ラベルが空文字列の状態になる)。なのでnew Option()を使わず、document.createElement('option')で生成すればIE6でも正しく追加されました。

var o = document.createElement('option');
o.value = "値";
o.innerHTML = "ラベル";
listbox.appendChild(o);
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。