2008年01月04日

あけおめ、ことよろでございます。

何気にもう四日なので遅いんですが、あけましておめでとうございます。今年もよろしくお願いします。

テレビっ子の自分としては毎年年末の特番シーズン、そして大晦日の番組が楽しみでしょーがないっす。何年か前の大晦日には3局で同時にボンバイエ、K-1、PRIDEがやっていたりと格闘技好きとしては嬉しい悲鳴だったんですが、いまや格闘技ブームはすっかり去って、お笑いブームなんですかねぇ……PRIDEもなくなっちゃったし。お笑いも好きなんでこれでもかと放送されるネタネタネタなお正月も嫌いじゃないです。でも大晦日ならではのビッグファイトに熱くなったりもしたいわけで。

今回の大晦日はヒョードルvsホンマン、サップvsボビーとちょっと楽しみなカードがぼちぼちありました。
もちろんヒョードルは顔色一つ変えない余裕の勝利でしたね。なんかTVでは人類最強戦とかあおられてたけど、ヒョードルに失礼(笑)。ホンマンはないでしょう……
サップは去年のぐだぐだっぷりをなかったことにして出場していましたが、フツーに戦ったことにまずびっくり、さらに見事に勝利したことに二度びっくりです。ボビーはリラックスしている割には調子出てなかった風でした。

そしてファンがもっとも白熱し、感動したカードといえばなんといっても秋山vs三崎っすね。2007年は「偽」の一年だったんですが、秋山もその偽を象徴する選手でした。反則して無期限出場停止をくらったくせに1年も経たないうちにノコノコ出てきた秋山に会場は笑っちゃうくらいの大ブーイング。自分もテレビの前でブーイングしてました。
しかし試合が始まってみるとアウェーの空気をもろともしない秋山がペースをつかんじゃってがっかり。反則はしたけど実力はある選手なんだよなぁ。いい勝負をするも、フックでぐらつき、テイクダウンされる三崎。あの時って見てた人全員が「ああっ↓」な気分になったんじゃないでしょうか(笑)。
しかし三崎はやってくれました。なんとかもち直すと、今度は秋山からフックでダウンを奪い、立ち上がろうとした秋山の顔面に完璧なサッカーボールキック!!文句の付けようがない見事なKOでした。

ヌルヌル秋山が鼻血を出してやられている様は「偽」の一年の最後を綺麗に払拭してくれた感じ。マジ感動っす。

でも4点での顔面だとして反則の可能性があるとかないとか。自分は最低の反則しといて相手のアクシデント程度の反則は見逃さないんですねぇ。だいたい立ち上がり際なんだから反則じゃないと思うし、全盛期のシウバとかこんなもんじゃなかったしなあ……
http://www.nikkansports.com/battle/p-bt-tp0-20080103-302634.html

とまあ格闘技の話ばっかりで申し訳ありませんが、Generator of the Yearをいただいた「なんちゃって個人情報」とか、「MOJI-Q」とか、フリーソフトいろいろとかiアプリとか、今年もよろしくお願いします。

この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。