2007年09月19日

Windows VistaにしたらInternet Explorerが(だけ)激重?→窓使いの憂鬱!!

Windows Vistaに以降してから唯一気になっているのが、Internet Explorer 7だけが異常に重いことです。他は普通なのに、IE7だけは動作から文字入力まで何もかも「異常」に遅く、ほとんど使えないレベル。2ちゃんねるでもこの症状の書き込みを見た気がしますが、特にレスは付いていませんでした。

特に文字入力が遅いので、ATOKなんかを疑いましたが外れでした。原因はキーボードユーティリティ「窓使いの憂鬱」だったのです。

コンパクトキーボードを愛用している自分には欠かせないソフトです。Windows Vistaでも(IE7以外は)問題なく動作していたので、まさかこれのせいだったとは。
もちろんWindows XP+Internet Explorer 7+「窓使いの憂鬱」ではまったく問題なかったですし、Windows Vistaで使っていてもIE7以外のソフトで不具合が出たことはありません。Windows Vista+Internet Explorer 7+「窓使いの憂鬱」の組み合わせのみ、なぜか重くなってしまうようです。一時停止してもだめで、終了するしかないようです。

ちなみに「窓使いの憂鬱」は非常に高機能なキーボードのカスタマイズソフトで、特に秀逸なのは同時押しの為のモデファイアキーを登録できること。たとえば自分はCapsLockキーをモデファイアキーとして登録しているので、CapsLockキーを押しながら任意のアルファベットキーを押すことでダイヤモンドカーソルになったり、BackSpaceやPageUp/Down、Home/Endをホームポジションのまま打てたりします。
置換だけでなく、キーの組み合わせやコマンドなども登録可能。特に日本語キーボードは「無変換」だとか「次候補」だとか不要なキーがたくさんあるので、それらのキーに好きな機能を割り当てれば、キーボードの周りにある“マルチメディアキー”なんか要らなくなります。おすすめ。

窓使いの憂鬱
http://mayu.sourceforge.net/

公式サイトには赤文字で大きく“窓使いの憂鬱の開発は終了いたしました。また、Windows Vista では動作しません。”と書かれていますが、少なくともうちのWindows Vistaでは完璧に動作します。ただ公式に動作しませんと書かれている以上、Windows Vista上の動作に関して作者さんを煩わせるのは辞めましょう。

posted by kazina | Comment(0) | TrackBack(0) | Windows Vista
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。