2007年04月10日

学研ステレオピンホールカメラ用のソフトを公開しました

以前こちらのエントリで学研「大人の科学」に付録でついていたステレオピンホールカメラがすげーおもしろいと描きましたが、撮影した写真を立体視できるようにするのが少しばかり面倒でした。
だいたい現像してプリントせず(失敗してるかもしんないしプリント代ばかになんないし)にCDRに焼いてもらうんですが、それを立体視できるようにするにはやっぱりPhotoshopとか画像編集ソフトで切り貼りしないといけないんですよね。そこでその切り貼りを自動的にやってくれるソフトを作ってみました。その名もそのまま「学研ステレオピンホールカメラビュアー」です。

学研ステレオピンホールカメラビュアーの概要
学研ステレオピンホールカメラビュアーの概要 posted by (C)kazina

まあ簡単なソフトですがステレオピンホールカメラで撮影した写真を手軽に公開したい時なんかには便利だと思います。果たして学研のステレオピンホールカメラを使っている方がそんなにいるのかという話ですが……
でも二枚の画像を左右に並べるというだけなので、ステレオカメラなら何でもいけると思いますし、普通のカメラでも二枚位置をずらして撮影してこのソフトに読み込ませればお手軽に迫力あるステレオ写真ということで。使ってみて下さい。

学研ステレオピンホールカメラビュアー
http://kazina.com/stereopin/index.html

この記事へのコメント
kazinaさん、こんばんは。
LOMO QのHIDEHITOです。
先日はサイトご訪問ありがとうございました。
さっそく学研ステレオピンホールカメラビュアーをダウンロードさせていただきました。
これは学研に限らずステレオ写真を撮る人にとって、とてもありがたいソフトですね!
手作業でこれだけのことをやろうとすると結構な手間が掛かるのですが、
このソフトを使えば簡単に出来ますね。
必要な機能はすべてそろっていますし、操作もしやすいです。
一つだけ贅沢を言わせていただければ、
フィルムスキャン後の画像はBMPかTIFFで保存されている方も多いと思いますので、
入力画像にJPEG以外にもBMPやTIFFが使えるとさらに便利になると思います。
素晴らしいソフトの公開ありがとうございました。
Posted by HIDEHITO at 2007年04月12日

わざわざダウンロードしてお使いいただいたようでありがとうございます。
なるほど、フィルムスキャナは持っていないのでJPEG以外のファイルフォーマットなんて考えてもみませんでした。確かにあった方がいいですね。TIFFはわかりませんがBMPはすぐできるのでバージョンアップの際に追加したいと思います。
Posted by kazina at 2007年04月12日

コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック


Excerpt: ピンホール・カメラImage:Pinhole-camera.png|thumb|ピンホールカメラの原理。物体から発した光は小さな穴をとおり像を結ぶピンホール・カメラとは、レンズを使わずに針穴=ピンホー..
Weblog: カメラっていいね
Tracked: 2007-07-29 05:26
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。