2007年04月07日

D800iDSレビューその1:基本的には「らくらくホン」のノリ

FOMA D800iDS 2画面iアプリコンテスト」に参加していたので、D800iDSを一ヶ月ほど使っていました。せっかくなのでその使用感と、iアプリの性能を書いておきます。ちなみに詳しいレビューは下記あたりで。

ケータイ Watch:タッチパネル搭載の2画面ケータイ「D800iDS」
http://k-tai.impress.co.jp/cda/article/news_toppage/32748.html
ITmedia +D モバイル:写真で解説する「D800iDS」
http://plusd.itmedia.co.jp/mobile/articles/0701/16/news114.html

外観もニンテンドーDSそっくり

名前がDSなだけあって(?)外観もかなりニンテンドーDSに似た仕上げになっています。特にホワイト、ブラックは同色のニンテンドーDSと並べれば同じブランドのグッズの様です。

D800iDSとニンテンドーDS
ニンテンドーDSと並べてみました。白とピンクで“すあま”に見えるかも。

イルミネーションLED ニンテンドーDSにはない特徴として、D800iDSの背面にはイルミネーションLEDが搭載されていて、赤色LEDで時刻や電波状況などを表示できます。LEDが16×9個しかなく、一度に表示できる情報は限られていますがそれが逆にオシャレです。

この背面LEDをiアプリ側から操作できれば、かなりおもしろいデバイスになるのですが、残念ながらそれはできません。
固定アニメーションなら「LED Maker」という内蔵アプリで作成し、ケータイを閉じた時のアニメーションに設定できます。どうやら16x9のグレイスケールのGIFをアニメーションとして認識できるようです。しかし設定できるのは「端末を閉じた時」のみ。もっと様々なシチュエーションで設定できればおもしろいのですが……せっかくの背面LEDを生かせていない印象です。

背面に好きな文字を表示させる方法は?――「D800iDS」
http://plusd.itmedia.co.jp/mobile/articles/0702/27/news087.html

入力はかなりイライラ

普通のケータイと大きく違うのが文字の入力方式で、下画面を生かした「手書入力」の他に、独自方式の「2タッチ入力」、さらに普通のケータイと同じ「5タッチ入力」があります。

手書入力 手書き入力はその名の通り手書き認識を使って下画面に文字を書くのですが、びっくりするのが「ひらがなしか認識できない」こと。ゲーム機であるニンテンドーDSですら漢字もスムーズに認識できるのに、文字入力がメインとなりうる携帯端末でひらがなのみというのは正直ありえません。しかも、ニンテンドーDSならタッチペンで描いた軌跡がすぐに画面に反映されますが、D800iDSではワンテンポ遅れるので、文字を早く書いてしまうとこの写真のようにカクカクとした星座のような文字になってしまいます。
イライラしながらひらがなを入力した後、さらに漢字に変換する手間を考えると、手書入力を使うにはかなり根気がいります。

2タッチ入力はいわゆるポケベル入力に近いものの、ボタン=画面であることを生かし、1タッチ目(行)を入力すると画面が変わり、どのボタンでどの文字が入力されるのかが表示されます。たとえば「あ行」なら「あいうえお」と「ぁぃぅぇぉ」が表示され、どこを押せばどの文字が入力するのか視覚的にわかりやすく、特に文字入力が苦手なお年寄りにはいいかもしれません。

5タッチ入力は普通のケータイと同じ入力方式ですが、普通のケータイのように感触でボタンの位置を知ることができず、ボタンを見ずに入力するのが難しいです。これだけなら使ううちに慣れるかもですが、困るのは誤認識が多く、さ行を押していたつもりがは行だったなんてことがよくあること。
またタッチパネルという性質上、ボタンの連打が難しいです。つまり行の最後の文字、“おこそとの”辺りを入力する時に、普通のボタン式ケータイのように素早く連打することができません。
結局、文字入力は3方式のうちどれを使っても、普通のケータイのように素早く入力することはできません。

また致命的なのは、せっかく下画面の領域が余っているのに、クリアキーは画面上に表示されず、端末下部のハードキーを使う必要があるため、非常にクリアキーが打ちづらくなっている点です。誤認識が多いから普通の携帯より入力を間違えやすいのに、クリアキーも普通の携帯より打ちづらい。二度残念な感じです。

携帯を使い慣れないシニア層向け

全体的にもっさりムードの漂う携帯で、「携帯でメールを一日百通」とか、「短いメールならボタンはおろか画面すら見ずに送れる」ような層には絶対受け入れられない端末です。
それもそのはず、開発陣もはなからそういう層には向けておらず、どちらかというと「らくらくホン」的なシニア層、あるいはユニバーサルデザインな端末として作ったみたいです。ではそういう層には向いているのか?と思ってうちの親に使わせてみました。ちなみにうちの親は、携帯は持っているが教えられながら一時間かかって二行程度の短いメールを作るのがやっと、という本当に携帯を使えない人です。

だいたいそういう人は「フォーカス」の概念がわからないので、メール画面が出ているのになぜ文字が入力できないのか?というのがわかりません。宛先のところにフォーカスがいってるんだから当たり前なんですが、そういう概念がないんです。確かにあの画面は宛先、件名、本文が一覧できて便利ですが、本当に携帯を使えない人には情報過多だなと思います。もっとウィザード形式みたいな感じでまず宛先、次に件名……と分けた方がわかりやすいです。

その点D800iDSは下画面のボタンの数を3つまでに制限する「3キーモード」というモードがあります。これにすると下画面には「電話」「メール」「カメラ」の3つのボタンしか表示されません。「メール」をタッチすれば次に表示されるのは「メールを見る」「メールを書く」「戻る」だけです。
普通に携帯を使える人にはどう辿れば何ができるのかがまるで迷路のようで使いにくいですが、携帯を使えない人にはこれが実にわかりやすいのです。使い方を教えるのも楽だし、教わる方も選択肢が少ないので迷いづらく、覚えやすいみたいです。「やりたいこと」のボタンが画面にそのまま表示されていますからね。

「メールを書く」をタッチすれば、ウィザード形式のようなスタイルで上画面には大きく「@宛先」と表示され、その横には小さくA、Bと表示されます。ステップ@は宛先を入れる、と概念的にわかりやすいんです。下画面は「入力する」「入力せず次」「戻る」のボタンが表示されます。「入力する」を選べば「電話帳から」「文字入力」「戻る」です。同様の手順でA題名、B本文を入力すると、確認画面になるので「送信」で送信です。

これだけステップを分けてあると、作業を辿っていくだけなので時間はかかるけれど迷いづらく、うちの親も一回の説明でメール送信までこぎ着けました。二回目でもう一人でできてしまうというわかりやすさです。「らくらくホン」ですらあーでもないこーでもないと一人ではメールを見ることさえ難しかったのが嘘の様で。

今後パワーアップすれば楽しみ

正直、普段バリバリ携帯を使っている人には使いにくくてどうしようもない携帯です。見た目だけならシンプルで可愛いし、イルミネーションLEDとあいまって決して悪くないものの、中身はらくらくホンに近いので相当まったり使わないとイライラします。せめて手書き入力がニンテンドーDS並にスムーズなら……。
ところが、普通の携帯では難しくてどうしようもないという方には挑戦する価値のある携帯と思いました。これだけわかりやすい携帯は他にないです。

最後に詰めが甘いなーという印象なのが一点、OSの部分です。他の携帯にも使われているものを流用してあるだけなので、このタッチパネルに合ってないんです。例えばメールなどを「削除しますか?」という確認ダイアログなどが表示された際、上の画面には普通の確認ダイアログ、つまり「削除する」「削除しない」といったボタンも含めたダイアログが表示され、下画面にも「削除する」「削除しない」というボタンが表示されます。
これでは上画面のダイアログに表示されたボタンをタッチしてしまいたくなるのが人情ですが、もちろん下画面をタッチしなければ何も起こりません。こういったところがもっと改善されていけば、携帯が難しすぎる、なんて方にはかなりおすすめできるんじゃないかなーという印象です。

しかし、こと携帯なんて複雑な機械において「ユニバーサルデザイン」はまだ無理ですね。若い層に向けたらシニア層には難しすぎて使えないし、シニア層に向けてわかりやすく作ったら若い層には説明や操作が冗長すぎてイライラします。音声認識で全部動くとかなら誰でも使いやすいかもですが。

長くなったのでD800iDSのiアプリ性能は別の記事にします。
D800iDSレビューその2:iアプリ性能、タッチパネルでゲームは少し厳しい

この記事へのコメント
突然のコメント失礼します。

私のゴルフサイトで
こちらの記事を紹介させていただきましたので
ご連絡させて頂きました。

該当ページは、
http://golfjouhou.blog96.fc2.com/blog-entry-326.htmlです。

今後ともよろしくお願いします。
Posted by ゴルフニュース at 2007年04月11日

コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。