2004年12月11日

K-1 WORLD GP 2004

最終的には去年と同じ決勝で、去年と同じ結果。決勝を含めほとんど判定で、選手もバテバテ。見てても全然面白くない。もうワンデートーナメント辞めれば、といった大会でした...
一人光っていたのはガオグライ選手でしょうか。前回の大会は見逃したので、謎の選手が一人増えているなぁ程度だったのですが、50kg差のサモア星人を飛び蹴りで見事なKO。その他でも見事なスウェーでキックを避けていく様はリアルジャッキーチェンってなもんで。まあこの手の選手は決め手にかけるので試合は弱いわけですが。
世代交代がテーマとかで、確かに強い選手は増えてきたのかもしれませんが、バンナのように勝ってよし負けてよしの「見せる」選手はなかなかいないですね。

この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。