2004年11月24日

コラテラル

トムクルーズがグレーのスーツ、グレーの頭髪、グレーの髭、そして黒のサングラスで殺し屋を演じる映画です。人々が寝静まっている間に活動する殺し屋がなんとも言えずクールで、発砲するシーンも普通のアクション映画と違い緊迫感が漂っていてしびれます。
ただ一般的な映画の殺し屋というと寡黙なイメージがあるんですが、この映画の殺し屋はとにかくよく喋る。そりゃあもう殺人の美学を語る推理小説の犯人みたいな。そうでないと映画にならないのかもしれませんが、主人公のタクシードライバーの性格や心情を読み取れず焦ったり、てんでプロっぽくない(笑)ラストも、えーっ、もう?って感じで。
まぁ、そういう細かいところを考えなければ、普通に楽しめる映画でした。

どうでもよいけど、冒頭に一瞬だけ出てくる役者(殺し屋にターゲットの情報を渡す人物)、トランスポーターの人ですね。ザ・ワンなんかにも出ている。割と印象に残る顔なんで、その後も出るのかと思ったらさっぱりでした。ちょっと残念。

あー、それからそれから。六本木ヒルズのプレミアスクリーンで大いびきかいて寝てたバカやろう!寝るならてめーんちで寝やがれ!!
映画の半分以上ずーっといびきかきやがってからに・・・(怒
この記事へのコメント
TBありがとうございました。
しかし高いお金払って、半分いびきだと、怒り爆発ですね。だいたいプレミアスクリーンの高さだって怒り爆発なのに??。
Posted by bunny at 2004年11月29日

知人からのプレゼントだったんですが、自分でお金払ってはいかないな??(笑)スクリーンもこじんまりとしていて、映画館ならではのでかでかスクリーンで見たい小生としては物足りませんでした。
Posted by kazina at 2004年12月01日

コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック

コラテラル
Excerpt: 誰もが知っているトムクルーズ主演最新作。トムクルーズがヒットマン、所謂悪役という事が売りになっている映画。お台場シネマメディアージュで見ました。 この映画多分他のブログでも賛否両論(否の方が多いかな?..
Weblog: アメリカの夜
Tracked: 2004-11-29 23:20
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。