2004年11月15日

密閉教室

密閉教室/法月綸太郎
ほとんど読み終わるあたりまでタイトルを「密室教室」だと勘違いしてた・・・orz だって密室状態の教室で死体が発見されるという話だし。
高校が舞台なので主要人物もほぼ高校生ですが、高校生っぽいキャラクターは一人だけであとは大人顔負けの考え方や哲学観を披露するので、その辺あんまり感情移入できないです。まぁ「みんな大人なんだ」と考えれば話は面白いですが、最後まであやふやな感じで終わるのは推理小説としてはどうも、読み終わって不満です。あとがきにかえて、という「コーダ」もさっぱり。
是非ノーカット版とやらを読みたくなりました。コーダについては「密閉教室 コーダ」でググればいろいろ読めます。
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック

密閉教室-法月 綸太郎 (著) 講談社文庫
Excerpt: 面白かったポイント ?主人公がいかにも京大生 ?ミステリー小説をメタ的に見てたり、一部ミステリーでなかったり
Weblog: バンパク!
Tracked: 2006-03-05 06:08
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。